知ると知らないは大違い

不動産における手数料とは

日常生活の中でもさまざまな手数料があります。 普段利用する金融機関などもそうですし、証券会社でも株式などの取引をするには手数料がかかります。 不動産の仲介手数料のときには、定額でなくわかりにくい部分も少々あります。 不動産の取引における仲介手数料がなぜかかるのかを調べたいと思います。

売主と仲介業者それぞれのメリットがある

不動産には仲介手数料がありますが、ある意味ではそうしたシステムが物件を売りたいという売主にとってメリットがあるからです。 また、仲介する業者にとっても、その物件を売主に代わって営業活動から契約に至るまでのサポートをすることによって対価を得るというメリットもあります。

その他仲介手数料について

仲介手数料がなぜ存在するのかは、所有する物件を売りたいという売主とそれをよりよい条件で売ることが可能な仲介業者(不動産業者)を結び付けるためとも言えます。 手数料上限が決められているのはそのためであり、物件が市場において適正な形で流通するのを促進しているのです。

なぜ仲介手数料があるのか

日常生活の中ではさまざまな手数料があります。
身近なところでは銀行や金融機関などがあり、他の金融機関を利用した取引や時間外の取引、振り込みなどの際に発生します。
手続きやその仲介などが行われると必ずあると言っても過言でありません。

不動産のおける手数料は、よく知られているところでは「仲介手数料」と呼ばれるものです。
名前だけはよく聞きますが、意外と詳しく知らない(私も含めて)方も多いのではないでしょうか。
わかりやすく言えば、不動産の売買や賃貸の取引をする際に、その仲介業者に対して支払う手数料ということになります。
仲介手数料は、不動産の売買や賃貸の取引(契約)が成立したときにのみ発生するものなので、その取引が成立しなければ支払うことはありません。(請求されない)
あくまでも成功報酬であり、不動産の売買の申し込みをしただけではかからないものです。

仲介手数料が必要となるのは、住宅や土地の賃貸借における取引となり、新築や中古のマンションまたは一戸建て、土地の売買などです。
あくまで「仲介」の手数料であるため、売主から直接購入するときにはかかりません。
つまり売主が不動産会社にあたるときには仲介手数料はありません。
売主や買主の間に入り、営業活動(意向を聞いたりするなど調整)をしたり、契約にかかわる事務をする不動産会社(仲介業者)に支払うのが一般的な例です。
また、不動産特有の手数料の仕組みあるので、これから売買や賃貸の予定のある方は知っておいて無駄ではありません。

TOPへ戻る