知ると知らないは大違い

不動産の売買にはなぜ手数料がかかる?

>

不動産における手数料とは

法律で上限が決められている

仲介手数料について考えると、普通のビジネスにおいて間に業者が入ればマージンが発生するのは当然のことでもありますので、存在しても不思議ではありません。
ただ、不動産のときにはひとつの取引(契約)における金額が大きいです。
ゆえに売買する側はその手数料に対して高く感じてしまったり、疑問や不満があるということはあると思います。

しかし、不動産の仲介手数料は、業者が決めることもできますが、売買を依頼する側に不利益にならないように国の法律により上限が決められているのです。
ちなみに取引額が200万円以下ならば取引額の5%、200万円以上400万以下ならば取引額の4%プラス2万円、400以上ならば取引額の3%プラス6万円と決められているのです。

売買を契約することの難しさ

不動産仲介手数料がなぜあるのかは、国の法律でその金額が決められていることからもわかるように、売買を依頼する側(土地を所有する人など)が保護するためでもあります。
例えば、悪質な仲介業者がいれば売買を依頼する側は不利益を被ってしまいます。
しかも、不動産はひとつの取引で価格が大きくそのリスクも高まります。

しかし、仲介業者に払う手数料の金額を高いと感じたり、またけっして安くはないだけに払うことに対して疑問を持っている人も少なからずいるのではないでしょうか。
しかし、売主が売買契約を成立させるためには、個人ではできないことがさまざまなことがあります。
契約に至るまでの営業活動、そして契約をするための手続きなどはけっして簡単なものではないのです。
そうした理由からも手数料があるのかもしれません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る