知ると知らないは大違い

不動産の売買にはなぜ手数料がかかる?

>

売主と仲介業者それぞれのメリットがある

早くよい条件で売るために

土地や建物などを売りたいという売主にとってなかなか売れないなどの状況は避けたいところです。
資産を適正に整理したい、またはよりいい条件(高いうちに)で現金化したいということもあると思います。
しかし、販売や営業という行為はやはり知識やスキルの乏しい個人にはとても難しいことでもあるのです。
個人による売買はプロではないだけにリスクもあります。
このような状況において、仲介業者(不動産会社)に依頼することで問題を解決できるという事情があるのです。
会社においても、商品を開発する部門があれば、それを売るための仕組みをつくるマーケティングや企画部もあり、また最終的に契約までを担当する営業部もあります。
不動産売買にはそれを好条件で可能にするプロがいるということです。

仲介業者(不動産会社)の強み

所有する物件を売りたいという売主にとっては、より好条件で契約してくれる買主がいることが理想です。
しかし、個人でそうした信用のおける買主をみつけることは意外と難しいのです。

仲介業者(不動産会社)に依頼するメリットとしては、まず多くのネットワークを持っているということです。
不動産会社であれば自社の顧客にその物件を紹介してもらえることもできるでしょう。
また、広告などもしてくれればより広い範囲にその物件情報を広めることも可能になります。
そうした広告などの販促活動により、興味をもってくれた方がいたら以降の営業活動も代行してくれます。
もちろん営業活動をする上で販売価格などの設定なども行っていますので、売買に関わるほとんどの業務を代行してくれるというわけです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る