知ると知らないは大違い

不動産の売買にはなぜ手数料がかかる?

>

その他仲介手数料について

仲介手数料が必要ないとき

これまで売主と仲介業者(不動産会社など)が関わった売買の事例について説明してきましたが、このときには仲介手数料は発生します。(契約が成立したとき)
しかし、売主から直接購入したときにはもちろん仲介手数料はかかりません。
また、類似したケースで言えば売主が不動産会社のときには、仲介手数料はかかりません。

上記のように不動産会社が売主になるケースも存在するわけですが、売主の代理という立場にもなるケースがあります。
このケースでも原則的には仲介手数料がかかりますが、売主との契約によってはかからないときもあります。
昨今では、仲介をしても手数料無料というところもかなりでてきており選択の幅は広がっていると言えるのではないでしょうか。

いくつかのケース

例えば、ある物件の売買に際して仲介業者(不動産会社)が一社が入っているケースにおいては、売主と買主の両方から仲介手数料をもらえることになります。
この取引のことを業界では、両手取引などと呼ばれており、仲介業者(不動産会社)がもっとも多く稼ぐことができる(おいしい)ケースとなります。
また、仲介業者の2社が入っているケースは、売主と買主のそれぞれから仲介手数料をもらうことになります。
この取引のことを片手取引とも呼ばれています。
こうした取引がもっともポピュラーなものですが、先程も申し上げたように手数料無料などのサービスも増えてきており、売る側そして買う側には選択肢は増えてきたものの最低限の知識は必要だと思います。


この記事をシェアする
TOPへ戻る